メディア掲載履歴

雑誌の企画でパンチ佐藤さんと対談しました

パンチ佐藤さんと対談

企画内容
衣食住を始め、健康や美容など、注目の各専門分野にて、独自の取り組みで評判の方々にスポットを当て、特色やコンセプトなどを代表者への対談インタビューを通して紹介する

自律神経失調症・うつ病に対して、薬に頼るのではなく、整体で身体から治すというスタイルが珍しいということで、インタビュアーとして、パンチ佐藤さん(以下:パンチ)が来院されました。

院長 岩田 浩一 × インタビュアー パンチ佐藤(元プロ野球選手)

対談風景

パンチ:
待合室の壁に、たくさんの写真が貼ってありますね。これは患者さんからの手紙ですか?

岩田:
症状が改善された患者さんから、施術の感想をいただいています。掲示してあるのは、ごく一部なのですが、これが同じような症状で苦しんでいる他の患者さんの励みになるんですよ。私も治るんだ!って。

パンチ:
少し見せていただいても、いいですか?(感想を、いくつか読んでみる)

肩こりや腰痛が良くなったというのが多くありますが、自律神経失調症や、うつ病が改善したというのも同じくらいありますね。

今は、プロ野球の世界でも、メンタルトレーニングが重要視されています。「この打席で打てなかったら、もうチャンスはない」そんな選手も多い。こちらの治療院では、どんな取り組みを、されているのでしょうか?

なぜ自律神経失調症・うつ病に整体なのか?

施術風景

岩田:
当院では、自律神経のバランスの乱れが原因と考えられる症状に対して、整体での施術を行っています。整体療法によって、自律神経のバランスを整えることで、本来、身体に宿っている「治癒力」が活性化するのです。

パンチ:
一般的に、自律神経失調症や、うつ病には、薬を使った治療なのでは?

岩田:
現在、多くの病院や心療内科で処方されている抗うつ薬・精神安定剤は症状を抑えることが目的になっています。決して、症状の根本原因を取り除いているわけではないのです。

パンチ:
それでは、これらの病気の本当の原因は何なのでしょうか?

岩田:
5種類のストレスと、それを支える体力の低下が原因です。5つのストレスとは、気持ちの波、姿勢のゆがみ、温度・湿度・気圧の落差、栄養(食べ物)の過不足、過剰な光刺激(スマホやパソコン等)です。

これらのストレスが増え続け、体力が消耗してしまうと自律神経のバランスが乱れ、無意識のうちに、脳や身体へ力が入って、強い緊張状態に、さらされ続けることになります。

それによって、内臓・体温・血圧・ホルモン・免疫の働きが低下し、それらに関係した症状が現れ、徐々に悪化していくわけです。例えば、インスタント食品なんかも、食べ物のストレスに含まれます。

パンチ:
私の知り合いで、ファーストフードが大好きな人間がいるのですが、やたらキレやすいんですよ。それも食べ物が関係していると?

岩田:
そういうことです。
食べ物では、他にカフェインを含むもの(コーヒー、緑茶など)、いわゆる甘い物(糖質を含む物)・辛い物も症状を悪化させます。

パンチ:
たかが食べ物だけで!恐ろしいですね。

岩田:
日本人の食生活の欧米化、ここ数年の異常気象、立ち仕事やデスクワークでの姿勢のゆがみ、そして人間関係・・・

おそらく、この先、ストレスの種類と量は増えることはあっても、間違いなく減ることはないでしょう。そんな中で、どういった施術を提供できるのか、常に自問自答しています。

向陽整体院のコンセプトとは?

施術風景

パンチ:
向陽さんのポリシーというか、コンセプトを教えてください。

岩田:
『「本気で治したい」と真剣に望んでいる、あなたを応援する』です。

ぼく自身も、10数年もの間、自律神経失調症と、うつ病に苦しみました。その間に4回の再発を繰り返しました。完全に治ったわけではなかった。

うつ病に限らず、全ての症状は、身体からの危険信号、サインなのです。

信号を無視すれば、事故にあう確率が高くなるように、身体からの警告を見過ごせば大変なことになります。根本から治さなくてはならないのです。

パンチ:
「向陽」の言葉にも、特別な意味を込められているとか?

岩田:
はい。人間の感覚である五感をリラックスさせ、全身のバランスを整える施術を提供する。そして、心身の状態を陰から陽へ導く。そんな、ゆったりとした空間になるようにという思いを込めています。

今後の展望を教えてください

固い握手!

パンチ:
最後に、今後の夢・展望を教えてください。

岩田:
充実した毎日、家族、友人、支えてくださる方々への感謝を忘れず、自分のすることすべてが皆さんのためになればと願っています。ぼくの元気が、どんどん周りへ伝播していくように。

パンチ:
岩田先生は、早稲田大学の応援部出身ということで、野球経験者である私にも、思い出深い話をさせていただきました。いや~先生はハートが熱いですね!

岩田:
パンチさんには、かないませんよ(笑)

パンチ:
いえいえ、岩田先生なら、何事かを成し遂げると感じました。今後の、さらなるご活躍を、お祈りしております。

岩田:
こちらこそ、ありがとうございました。パンチさんも、持ち前の明るさとパワーで、これからも頑張ってください。

※メディアの方へ

取材の申し込みはメールにて、お問い合わせください。