バレエが上達した理由

バレエ

こんにちは。
自律神経症状専門の整体院、向陽整体の岩田です。

現在、当院ではDRT整体と併用して、言霊(ことだま)ヒーリングという施術も行っています。

私たちが日常使う言葉には、その発する言葉によって、プラスにもマイナスにもエネルギーが宿ります。それが言霊です。

その言霊のパワーを利用した施術が言霊ヒーリングなのですが、その中に胃上げという手技があります。

先日、膝が痛くてバレエが上手く踊れないという女性に胃上げをしたら思わぬ効果があったので、そのことをお話ししたいと思います。

胃や腎臓、膵臓などの臓器は、さまざまなストレス、怒り、不安、不満、うつなどのネガティブな感情が溜まると精神的な緊張を引き起こし、下垂したり拡張したりします。

怒ることを「腹が立つ」と表現するのは、文字通り、胃がタテ長になって下垂・拡張することなんです。胃は下がってくると、冷えて肥大して硬くなるので、血液が循環しない原因になります。

内臓が下がってくると、それらを支えている骨盤に負荷がかかるようになり、その状態が続くと徐々に骨盤は開いてきて、骨盤そのものも下がってきます。

そして、骨盤が下がってくると、肩甲骨も徐々に開いてきて胸郭が狭くなり、猫背になっていきます。

猫背になると、からだの中心線(正中線、重心とも言います)が安定しなくなるので、真っすぐ立とうとした時に膝を曲げることで補正しようとしますね。

これでは腰をスムースに回転させることができず、上半身にも力が入るので、バレエを上手く踊ることはできません。

内臓が下垂してくると骨盤が前や後ろへ傾くので、腰をねじる動作がしにくくなります。骨盤は背骨の土台です。土台がゆがんでいれば、やはり可動制限は出てきます。

この女性も相当ストレスを溜め込んでいたのでしょう。お腹をチェックしてみると、すごく胃が下がっていました。

それで、胃上げを行った後にDRTで全身のバランスを整えたのですが、その後、バレエの動きが自分でも驚くほど良くなったそうです。

胃の下垂が解消されて、からだの中心線が正しい位置に安定するようになったからですね。背骨の左右バランスは、もちろん大事ですが、内臓や骨盤の位置も同じくらい大事です。

☆内臓の下垂を解消すれば、からだの中心線が安定する。

☆骨盤のゆがみを解消すれば、腰がねじりやすくなる。

バレエやダンスをする人には最適なメンテナンスになるということですね(^-^)

===================

【一宮の整体】向陽整体院

一宮市、江南市、稲沢市、小牧市、岩倉市、犬山市、北名古屋市、清須市、あま市、津島市、春日井市、刈谷市、半田市、県外では桑名市、岐阜市、各務原市などから、多くの患者さんが来院されています。

業界最大手のクチコミサイト・エキテン 当院のクチコミ


愛知県一宮市浅井町西浅井字郷裏68-1
(駐車場5台分あります)

JR尾張一宮駅・名鉄一宮駅から、名鉄バス「宮田本郷」行き
市民病院前・西浅井経由で約20分
西浅井バス停下車(いずみ学園前の次です) 徒歩5分

※丹羽経由は西浅井に停車しません。ご注意ください。

TEL 0586-78-1149

9:00~21:00(最終20:40~)
当日予約受付は19時まで

休診日:月曜日、日曜日、祝日
※その他、研修会による臨時診療・休診日があります。

<完全予約制 新規は1日2名限定>

===================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加