夏バテの症状が出始める時期です

夏の疲れこんにちは。
一宮・江南・稲沢・小牧・犬山・岩倉から患者さんが多く来院する
向陽整体院・院長の岩田です。

9月に入って、気温が35℃を超えることもなくなり
だんだんと過ごしやすくなってきましたね。

それにしても、今朝、豊橋へ上陸した
台風18号には恐れ入りました。
あまりの雨と風の激しさに、外の電気看板も片付けたくらいです。

涼しくはなってきたものの、まだまだ暑くなったりもして
夏の疲れが出始めてきている人も多いのではないでしょうか。

身体が疲れてくると、免疫力が落ちてきて
細菌やウイルスが体内に侵入しやすくなります。

ここ数年で気象状況も激変し
インフルエンザも冬だけの病気ではなくなってきました。

日常生活の中で気を付けるべきことは色々あるわけですが
一番大事なのは、やはり質の良い睡眠を、たくさん取れるようにすることです。
そのための方法を、いくつか書いてみたいと思います。

===

☆晩ごはんは21時までに済ませる。それ以降は食べない。

良い睡眠を取るためには、副交感神経という
脳や身体をリラックスさせる神経が活発に働かなくてはなりません。

この副交感神経が十分に働ける状態になり
晩ごはんで食べた物を消化するためにも
どうしても3時間ほどの時間が必要なのです。

寝る体制に入る時間が0時を過ぎてしまうと
脳や身体を動かす交感神経が働き出してしまうので
逆算すると、食べるのは21時までということになります。

☆お風呂に入って、一息ついて、そのまま床に着く。

お風呂は40℃以下くらいの、ぬるめの湯に、ゆっくり浸かって
しっかり身体を温めて、その都度、疲れを取るようにしましょう。

最近は、シャワーだけで済ませる人が多いですが
しっかり毎日お風呂に入った方が健康でいられます。

お風呂で温まった体温が少し下がり始める時
副交感神経が働き始め、寝入りやすくなるので
軽くストレッチでもしてから、布団に入りましょう。

☆睡眠時間は最低でも6~8時間くらいを目安にしましょう。

レム睡眠・ノンレム睡眠をリズム良く取るためにも
なるべく睡眠時間は多めに取りましょう。

自律神経のバランスが乱れている人は
寝られれば、どんどん寝てもらっても構いません。
頭も身体も徹底的に休養させることが必要ですから。

===

今回は睡眠について簡単に書いてみましたが
どの季節でも、やはり無理や不摂生は禁物です。
体調管理は毎日の最優先事項にしましょう。

日々の体調管理や夏バテに、整体は最適です。
困った時には、ぜひ整体を受けてみてくださいね。
あなたは、もっと元気になれますよ(^-^
)

=======================


【一宮の整体】向陽整体院

http://www.ekiten.jp/shop_882196/review.html

(業界最大手のクチコミサイト・エキテン 当院のクチコミ)

愛知県一宮市浅井町西浅井字郷裏68-1
(駐車場5台分あります)

JR尾張一宮駅・名鉄一宮駅から、名鉄バス「宮田本郷」行き
市民病院前・西浅井経由で約20分
西浅井バス停下車(いずみ学園前の次です) 徒歩5分

※丹羽経由は西浅井に停車しません。ご注意ください。

TEL 0586-78-1149

9:00~21:00(最終21:00~)
当日予約受付は19時まで

休診日:水曜日、日曜日、祝日
※その他、研修会による臨時診療・休診日があります。

<完全予約制 新規は1日2名限定>

ご質問・ご相談だけでも、お気軽にどうぞ。

=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加