耳鳴りの原因 内耳神経の障害

耳鳴り

そもそも、耳が音を感じ取ることができるのは、耳の奥にある液体が振動して、音として感知してから脳へ伝えてくれる内耳神経の働きによるものなのです。

この内耳神経に異常が発生すると耳鳴りが起きます。では、どんな時に内耳神経の異常が発生するのでしょうか。

耳そのものの病気

まず考えられるのは耳そのものの病気です。耳鳴りがするという人のほとんどが難聴の症状も感じています。

年齢を重ねるごとに内耳器官が衰えてきたり、原因不明で突然聞こえにくくなるということもあります。中耳炎になって、耳の奥の液体に膿みが混ざったりして異音を感じることもあります。

脳の病気

次に考えられるのが、耳に一番近い脳の影響を受けて耳鳴りがするという説です。

脳の病気からくる耳鳴りは、めまいなど他の症状も併発することが多いです。その場合は、めまいの方が強い症状で、めまいほどつらくはないが、同時に耳鳴りもしているという状態です。

鼓膜や血流の障害

鼓膜が振動することで音を感じられているわけですが、この鼓膜の過剰な振動によって耳鳴りが起こることもあります。

また、耳の近くの血管で血流障害が起きたり、耳石や耳垢などが動いた音も耳鳴りになります。

あとはライブなどで、いきなり大きな音を聞いたり、ヘッドホンで大きな音にして聞くと耳鳴りがすることがあります。

その他の原因

耳に直接関係していない耳鳴りもあります。耳の諸器官を検査しても異常が見られない場合は、心の病気や自律神経の乱れが原因だったりします。

その他にも、顎関節がズレている人、咬み合わせが良くない人にも耳鳴りが起こることがあります。

耳鳴りについて詳しくはこちら

耳鳴り

耳鳴りに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加