耳を検査しても異常がなかったら…

耳鳴り

その場合は、自律神経の乱れが耳鳴りを引き起こしている可能性が高いです。

自律神経には、内臓を動かす、体温の調節、血圧のコントロール、ホルモン分泌の調節、免疫(身体を守る力)の調整といった役割があります。

この自律神経という神経系統は、頭の後頭部からスタートして、首の骨、背骨を経由して、骨盤部にまで至っています。

つまり、背骨=自律神経といっても過言ではないのです。(ここでは首の一番上の骨から尾てい骨までを背骨と考えます)

通常、背骨がゆがんでくると、まずどこかしらに痛みが生ずるわけですが、それ以上に背骨がゆがんでくると、この自律神経のバランスが乱れ始めます。

すると、自律神経に大きく関わってくる耳鳴りや、めまい、うつ、不眠、内臓症状などが出てくるのです。

カイロプラクティックの考え方では、特に頚椎3番(首の上から3番目の骨)のゆがみがひどくなると、耳鳴りが発生します。

耳鳴りについて詳しくはこちら

耳鳴り

耳鳴りに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加