後頭神経痛

後頭神経痛

後頭神経痛

治療例

症例1

患者
女性 40代

来院
2016年1月

症状
半年前くらいから咬みしめると顎関節が痛いという症状が出現した。慢性的に首と肩が痛く、生理不順も発症している。

ショッピングモールでパートの仕事をしていたが、症状がひどくなったため、3ヶ月前に退職した。

病院で後頭神経痛と診断され、マウスピースを作って使用しているが、効果は得られていない。

これまでに他院のカイロプラクティックや整体、鍼灸、マッサージにも通ったが、改善せず。

後頭神経痛 症例1 画像
治療内容と経過
販売という仕事柄、立ちっぱなしでいる時間が長いため、普段から猫背になってしまうこと。食事の時に右だけで噛んでしまうクセがあること。

仕事絡みの精神的なストレスで歯を食いしばってしまうクセがあることを問診で確認。

後頭神経痛の原因として、立ち姿勢の悪さ、片咬みのクセ、食いしばりが考えられる。

DRT三大指標の検査(圧痛を弱中強で評価)
右下腿三頭筋 弱
右僧帽筋 中
右C2 強

調整は、心地良いと感じる強さを確認しながら背骨を揺らしていき、特に可動性が悪かった胸椎4番を入念にリコイルした。

施術後の再検査で、圧痛は全体の9割方クリアになっていたのでOKとした。その後、注意事項の説明と座り方の姿勢指導を行った。

初回の施術翌日に、首と肩の痛みが緩和したことを確認。

3回目で、首と肩の痛みが消失。徐々に痛みが緩和していた咬みしめによる痛みは、5回目で完全に消失した。ちなみに、5回目までに生理不順も解消された。

考察
これまでの立ち仕事の悪い姿勢と過去の疲労の蓄積が背骨のゆがみを進行させた。そのため、後頭神経痛が発症した。

通常ならば、頭痛がひどくなっていくパターンなのだが、右ばかりで咬むクセと食いしばりが後頭神経痛を引き起こしたのであろう。

可動性が悪かった上部胸椎(特に4番)を重点的に調整することによって、蓄積された精神的ストレスも軽減し、早期の改善につながったと思われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加