ぎっくり腰が再発しなくなりました

お客様写真

私は、数十年の間に度々起きた、ぎっくり腰の慢性的な腰痛と職業病とも言える肩こりに苦しんできました。

発作が起き出した初期は、発作時には整形外科へ行き、椎間板ヘルニアではないとのことで、注射で痛みを取る治療を受けていました。

しかし、回数が重なるにつれて、腰に鉛の板が張り付いたように重く感じるようになり、同じ姿勢を続けると張りが出て、軽い鈍痛が続くようになりました。

十数年前から数箇所で、整体、指圧を定期的に施してきました。痛みは一時的に和らぎますが、すっきりと治ることはありませんでした。再発も解消しませんでした。

今回も強い発作で安静にしていましたが、向陽さんに通院している息子に勧められて、発作の2日後に施術を受けました。

院長の指示通りに、3日後を2回、1週間後、11日後、2週間後と施術を受け、約2ヶ月近く経ちました。

現在は腰の重さ感と張りがずいぶん減少し、同じ姿勢でいられる時間も長くなり、鈍痛もほとんどなくなりました。

また、首と肩の張りも、かなり減少してきました。このように慢性的な重苦しい苦痛が減少し、大変感謝しています。

これからも、院長の指示に従って施術を続け、さらに動きの良い身体に回復して頂き、より快い生活を続けたいと思っています。

一宮市 F.Aさん 74歳 元研究員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加