ぎっくり腰と坐骨神経痛の関係

関節痛(腰)
ぎっくり腰を発症してから坐骨神経痛(片側の腰からお尻・足先にかけてしびれる症状)へ移行する場合があります。

ハムストリングは右足と左足それぞれにあるのですが、両方が同じタイミングで一気に収縮した時に起こるのが、ぎっくり腰です。

左右どちらかのハムストリングが思いっきり緊張した状態になってくると、そちら側に坐骨神経痛が起きるのです。