構造的ストレス

構造的ストレスとは、姿勢の悪さ、からだの間違った動き方・使い方、肉体疲労の蓄積によって引き起こされる背骨のゆがみを指します。

背骨がゆがんでいると、そのゆがみの情報は確実に脳へと伝わって、あなたが意識している・していないに関わらず、脳はストレスを感じます。

身体のゆがみは、頭蓋骨・顎(あご)・全身の筋肉などもあります。

「頭蓋骨って、ゆがむの?」と思う方もいますよね。頭蓋骨も、ゆがんでいることがとても多いのです。

その他にも、全身の膜(まく)と呼ばれる内臓や脳・筋肉などを包んで保護している布のような組織もゆがみます。

これらの情報も、ちゃんと脳へと伝わって、脳はストレスとして感じるのです。